光る夢のカケラ

君のままで、君は変われる。

HiHiJets単独公演に行った話

 

この日をどれだけ待ちわびたのだろう。

大好きな4人がずっと言い続けていた"単独公演"。

その目標が、作間くんという素敵な仲間も加わってついに叶いました。

 

思い返せば、私が優斗くんのファンになったドリボから、今日(5/31)を迎えるまであっという間に過ぎました。気がつけば優斗くんは4年目だし、あんなヘロヘロな腰の引けたローラースケート姿はどこにもない。ダンスすらまともに踊れなくて、1曲のうちに何ヶ所振りミスをするか数えることもなくなりました。

 

HiHiJetは2月から5人になり、YouTubeのチャンネル開設と同時にHiHiJetsに名前が変わりました。

私はその時「4人の空間」が大好きだったが故に、今ではとんでもないと思うようなブログを書きました。そのタイミングで私は、HiHiJetの箱推しをやめよう、これからは優斗くんのデビューが何より大切だと考えるようになりました。

単独公演を見た今、作間くんに言いたいことがあります。

作間くん、HiHiに入ってくれてありがとう。

作間くんがHiHiの空間を大切にしてくれて、そして新しいHiHiの姿が見せてくれて。優斗くんの技術面の意識がガラッと変わったのも、作間くんのおかげ。猪狩の年相応な可愛い姿が見られるのも、作間くんのおかげ。私がまたHiHiJetsを箱で推したいと思えたのも、作間くんのおかげ。

作間くんが「HiHi楽しい」って言ってくれて私もとても嬉しいです。どうかこれからも、HiHiの仲間としてよろしくお願いします。

 

少しだけ公演中の話。

HiHi Jetが流れ 幕が上がった瞬間に、これまでの色んなことが走馬灯のように蘇ってきて胸がいっぱいになりました。そんな気持ちに浸る暇もなく、次から次へと「これがHiHiJets!」というパフォーマンスが続いて、めちゃくちゃ楽しい。だぁ〜くねすどらごん(紹介ラップ)は天才でしかない。こちら側にもとにかく参加させるスタイル、パフォーマンスとは打って変わって自然体なMC。15歳〜18歳の5人がここまで出来てしまうのか…とひたすら感動しました。5人とも自分の売りをちゃんと理解してるのが、まずすごいことですよね…。

そして優斗くんの、とっても優しい顔で笑ってくれる姿が印象的でした。可愛らしい顔立ちでも大人びた表情が増えて…いつのまにか大人っぽくなった優斗くんに戸惑ってしまいました。

 

単独公演を通して感じたこと。

HiHiJetsは、自分たちの道を自分たちで見つけて歩き出したんだ ということ。

HiHiJetsは、お互いを本当に信頼し合える仲になったんだ ということ。

HiHiJetsは、同世代そして先輩グループも超えていけるグループだ ということ。

「自分たちはB少年みたいに王道じゃない」と言うけど、私は君たちが見つけて進んでいるこの道こそが、君たちの"王道"だと思います。

「焦らず並んで歩いていこう 人と比べながら生きてもしょうがない」「回り道でも一番前 誰も歩いたことない道を歩こう」ほんとその通り。

5人が「HiHiの基盤となるライブ」と言っていた今回の単独公演を見て、私は、HiHiの進む道は新しくてワクワクして、絶対楽しい道だ!と感じました。一瞬も目を離したくない、離せないグループ。その分、HiHiはこれまでもこれからも苦悩が絶えないなあ…(笑)でもついていきたい。だからこそついていきたい。

ジャニーズJr.の世界なんて、いつ誰が辞めるかもいつグループが無くなるかもわからない。それでも、彼らの進む道を一緒に歩きたい。ローラースケートで行っちゃうなら、全力で走って追いかけたい。

その先に見える景色は、どんな景色かな。きっと想像もできないくらい綺麗な景色。

大丈夫だよ。数えきれないほど悔しい思いをしてぶつかり合ってきたHiHiに、乗り越えられない壁なんてない。心からそう思えた単独公演でした。

 

HiHiJetsのメンバーのファンをしていると結局箱推しになっちゃうの、これHiHiあるあるですか?彼らって、なんでこんなにエモいんでしょうね…(笑)

やっと自分たちの番が来た!俺たちの時代を創るから、ちゃんと見ててよね!というHiHiの熱意が、受け止めきれないほど伝わってきました。HiHiの未来は明るい!これからも、5人で新しい世界を見せてください!私も全力でついていきます!

これからも、HiHiJetsを全力で応援してもいいですか?

\ハイハイ/